LISA SOMEDA

feeling relieved.

 

Everyday I walk through the front of the station “Чёрная Речка(Chernaya Rechka)” and I see this strange animal. When I see it on the way back home, somehow I feel relieved.

Play

 

The first time I saw something like face on the surface of a tree, I thought it was by chance. As I often saw these faces here and there, I was sure a kind of play in snow.

play in snow LISA SOMEDA

The base is colored.

play in snow LISA SOMEDA

The favorite one is below. Children treat this mysterious animal when its legs or tail suffer.

play in snow LISA SOMEDA

Kronstadt

 

kronstadt LISA SOMEDA

Kronstadt is a small town in Kotlin Island on Gulf of Finland. So it was a fortress, it has been filled with moat.The residence of NCCA is located on there. It takes about one and half hour to go to center of St.Petersburg by Marshrutka(k-405) and subway.

By the way, color of the light was really like this photograph. It was the first time for me to see such a blue world.

Snow

 

Even though temperature had dropped at -25℃ in January, it was around 3℃ and I could see almost no snow when I arrived at St.Petersburg.

It was 5 days after my arriving when snow falled.

snowfall LISA SOMEDA

Rare Chance

 

Until my arriving at the residence, I have not known that I will stay with Japanese. Additionally he is same age as me.

Jun’ichiro ISHII is an artist from France.
http://www.reart.net/

Artist in Residence Program in St. Petersburg

 

From 10 February to 10 March 2016, I will take part in Artist in Residence Program of NCCA(National Centre for Contemporary Arts)in St. Petersburg.

I will create a new work about snowscape of St. Petersburg.

NCCA
http://www.ncca.ru/en/main?filial=6

The 3rd Sapporo 500m Gallery Award Exhibition

 

I will exhibit my work at Sapporo Odori 500-m Underground Walkway Gallery (Sapporo, Japan) from 31 January 2015 to 24 April 2015.

Venue
Sapporo Odori 500-m Underground Walkway Gallery, Sapporo
Date
31 JAN-24 APR, 2015
Open
7:30-22:00
Web
Sapporo Odori 500-m Underground Walkway Gallery

21-8-2010

 

21-8-2010

21-8-2010

 

21-8-2010

Cat in KOISHIKAWA

 

CAT

25-6-2010

 

25-6-2010

6-6-2010

 

6-6-2010

どうもありがとう。

 

シルバーウィークの帰省にあわせ、実家にて前倒しでお誕生日会。
その数日後、両親が京都に来た折りに、あらためてランチでお祝い。
その翌日、エッちゃんとオヨシから少し気の早いハガキが届く。

深夜、妹にはじまり、朝にはエッちゃんとクニちゃん、そして母からお祝いのメールが。
午後はイマムラさんに映画に連れ出してもらい、楽しい時間と素敵なプレゼントをいただく。
帰ったら、ポストにはサワイちゃん一家からの家族総出の寄せ書きハガキが。
そして、東京のケイコさんから届いたお菓子とカードは母屋の奥さんが預かってくれていた。

34度目の誕生日をこんなにもたくさん祝ってもらって、
これ以上いったい何を望もう。

居場所のない思いをすること、
ふと、いなくなってしまいたくなることが、決して少なくはなかったけれど、
たくさんのあたたかい想いが、この世界にしっかりわたしをゆわえつけてくれている。

どうも、どうもありがとう。

今年は蛍を見なかった。

 

いざとなるとやっぱり、作業は夜にずれこむ。

26時、中京の郵便局に出かけた戻り、
この時期にしては星がたくさん見られたので、まわりみちをする。

輪郭はまだたよりないけれど、こまかい星までたくさん見える。
寒くなったら、もっとくっきり見えるんだろうな。

今年は蛍を見なかった。
夏の暑さもほどほどだった。

だからだろうか。
暮れに向かっている、という実感がまだ湧かない。

この数年は、季節のうつろいにすら、ひりひりしていたのに。

もうひとりのリサちゃん

 

アルバム、と言えば、リサちゃんを思い出す。
Bobbin Robbinのお客さんで、もうひとりリサちゃんがいて、
(向こうから見たら、わたしのほうがもうひとりのリサちゃんなんだけど…)
そのリサちゃんは写真家で、そのときちょうどギャラリーで個展を開いていた。

結婚式の写真をハンドメイドのアルバムにまとめたものを展示していたと記憶しているけれど、愛嬌のあるアルバムとは裏腹に、写真が鋭かったのが印象に残っている。
鋭く、それでいて、凛としたうつくしさの備わっている写真だった。
わたしがもし間違って結婚式をあげることにでもなったら、
迷うことなく彼女に撮影を頼むだろう。

自分もまた、撮った写真をアルバムに仕立てる依頼を受けたので、
ふと、彼女のことを思い出してしまった。

もうひとりのリサちゃんは、今ごろどうしているんだろう。