不可視性

近年、見えなさに関心を持っていて、つい「不可視性」ということばを使ってしまうこともあるが、けっこう意味の幅が広いことばなので、少し整理してみたいと思っていた。

ちょうどいい機会なので、「見えない/見えにくい」とはどういう状況かを、いちど整理してみようと思う。現時点で思いついたことを書き出しただけなので、あらためて分類し直したり、更新するかもしれない。「自分の近くにあるかどうかがわかる/わからない」という項目には、新型コロナの影響がモロに出ているが、現在の関心は少なからずそこにある。

  • 肉眼で視認できない

    • 知覚する方法がない
      そもそも、その対象を思いうかべることすらできない→考察できない
    • 知覚する方法がある

      • 道具を用いて
        自分の近くにあるかどうかがわからないケース
        ウイルス、細菌等、放射能、電波、電気等
      • 視覚以外の感覚で
        自分の近くにあるかどうかがわからないケース
        ホワイトアウト、ブラックアウトなど、手探りの状態
        自分の近くにあるかどうかがわかるケース
        花粉、湿度
      • 現象を通じて
        現象と対象の関係を知っている
        運動、熱、光→電気
        風→空気
  • 不完全だが肉眼で視認できる

    • 対象を特定できない
      暗すぎる、明るすぎる、速すぎる状況など
    • 対象を特定できるが正確に認識できない
      反射と透過の像が混在、半透明のフィルターを介する状況など

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、なぜ、見えないことがそんなに不安をもたらすのかを考えていたけれど、こうやって例を挙げてみると、日常生活の中に「見えないもの」はけっこう沢山ある。にもかかわらず、空気や電気に対して不安にはならない。不安と結びつくのは「自分に危害をもたらしうるもの」と「見えない」が組み合わさったときだ。

そして、ひとが「見えない」というとき、その前段には、その対象が存在することを知っている。まったく意識にものぼらないものに対して「見えない」という自覚は芽生えない。肉眼で見る以外の方法で知覚されうるものや、伝え聞いて存在を知っているものにしか「見えない」という経験は成り立たない。それがわかったのは大きな収穫かもしれない。

  1. 「見えないけれどある」ことを知っている
  2. (吹雪や霧など、状況のせいで)本来見えるべきものが見えない

これらのように、「見えない」ことを自覚するためには、前提となる条件がある。

いちばん厄介なのは、見えているつもり。見えないことに気づかないこと。「見えない」が見えないことかもしれない。

ARCHIVES

ALL (562)

TAG

SEARCH