feeling relieved.

 

Everyday I walk through the front of the station “Чёрная Речка(Chernaya Rechka)” and I see this strange animal. When I see it on the way back home, somehow I feel relieved.

Play

 

The first time I saw something like face on the surface of a tree, I thought it was by chance. As I often saw these faces here and there, I was sure a kind of play in snow.

play in snow LISA SOMEDA

The base is colored.

play in snow LISA SOMEDA

The favorite one is below. Children treat this mysterious animal when its legs or tail suffer.

play in snow LISA SOMEDA

Kronstadt

 
kronstadt LISA SOMEDA

Kronstadt is a small town in Kotlin Island on Gulf of Finland. So it was a fortress, it has been filled with moat. The residence of NCCA is located on there. It takes about one and half hour to go to center of St.Petersburg by Marshrutka(k-405) and subway.

By the way, color of the light was really like this photograph. It was the first time for me to see such a blue world.

Snow

 

Even though temperature had dropped at -25℃ in January, it was around 3℃ and I could see almost no snow when I arrived at St.Petersburg.

It was 5 days after my arriving when snow falled.

snowfall LISA SOMEDA

流星の夜

 

もう一度会いたい
とか、
またみんなと一緒に制作したい
とか、
彼女の病気が早くよくなりますように
とか。

かわるがわる星が流れるたび思いつく願いごとは、
思いがけず、ひとにまつわることばかり。

流星の夜は、
どんなにか、自分がひとの間でしか生きられないことを思い知る夜でもあって。

ひとのありよう

 

なかば強引にハルさんを食事に誘い出す。

こんな紅葉まっさかりの季節に生まれてきたのに、
なんで寒色ばっかり好きなんやろ?

と尋ねたら、ハルさんは、
それでも、この季節は、玄関にいっぱい紅葉を敷き詰めてる。と言う。
あの落ち葉をふむカサカサという音が家の中で聞こえるのは、ちょっと楽しそう。


おかんの話。

何年か前の同窓会で、幹事をしていたノブちゃんが、
幹事の打ち上げの席で、感極まって泣きそうになったんやけど、
おてんばで名のとおったノブちゃんを人前で泣かしてはいけない、と思って、
かわりにわたしが泣いてん…という。

かわりにわたしが泣く???
(まぁ、他人に先に泣かれたら泣けなくなるものね…)
おかんって、そんなんやったっけ?
ほんまなら、ちょっといいやつやん…。

おかんで30余年、ハルさんは10年くらいのつきあいだけれど、
まだまだ知らないことがいっぱいあるんやなぁ、と思う。

ひとのありようにこころが触れる、ということは、
このところめっきり減っていたのだけれど、
これは、たてつづけにふたつ、ほんのりこころがあたたまった。

ARCHIVES

ALL (565)

TAG

SEARCH