BLOG

エントツがめじるし

先週に続き、会期末に追われるように、SCAI THE BATH HOUSEに名和晃平さんの展示 Synthesis を観に行く。2度目なのにすっかり道に迷ってしまう。そんなときに目についたのがエントツ。

そうか、BATH HOUSEだから、エントツを目指せばいいのだ。

名和さんの展示を観るのはメゾンドエルメス以来。

平面の作品をはじめて見る。
でも印象に残ったのは、立体の作品のほうだ。

パッと見たときに、あれ?前に観た鹿の作品かな?と思ったら、違うのだ。
微妙に位置をずらした二重の鹿になっている。(2匹の鹿ではなく二重の鹿ね)
画廊の用意したテキストにはコピー&ペーストとあるが、まったくその通り。立体版コピペ。

とてもいい案配で位置をズラしてある。

長らく業界の話題となっていた「オリジナルとコピー」という二項対立を前提から揺さぶる。その手際の鮮やかなこと。そして、像といったときのボリュームを持った実体としての「像」と、いとも簡単にコピペできてしまう映像としての「像」の、どちらともとれるような存在の仕方が強く印象に残った。

すごい作品だった。