BLOG

たった一片の紙が、たった五行のことばが、

今日は奉公、最終日。

助っ人的存在として関った大型サイトのリニューアル、
本日午前9時にオープンを迎えた。

10時に出社したら、
かわいらしいうす桃のふうとうに入ったカードがキーボードにさしてあった。

「染田さんへ」

と書かれたそのカードの裏には、小さなよつばのクローバーのシールがはってある。
開いたら、お礼のカードだった。

無事、リニューアルが済んだ報告と感謝のことば、
性格のにじみ出る几帳面な字で綴ってあって、
出社早々、泣きそうになった。

若い男性のADさんからの濃やかな気遣い。

たった一片の紙が、たった五行のことばが、
こわばったこころとからだをほどいてゆく。
ほんとうの、ねぎらい。

夜は、打ち上げ兼送別会。
手渡された花束に、思わず涙がこぼれる。

人生のほんの一瞬、ひとごみのなかですれ違うくらいのはかない出会いだったけれど、
この若いひとたちと一緒に仕事ができて、本当に良かった、と思う。

明日からはひとり屋台。気合いを入れてまいりましょう。