BLOG

薄い茜の空

自由でありたい
という想いにとらわれることの不自由。

陽の落ちる手前、
薄い茜の空を見上げて、
ふとそう思った。

これは、
不自由な関係にあえて身を置く自由。
ということばの対偶だろうか。