BLOG

Lサイズの流星

返却期限がきていたから、
空の案配を見て、DVDを返しに出かける。

出がけには降っていなかったのに、
レンタルショップにつくころには、大きな牡丹雪がマントに白く積もっていた。

結局、タイミングをはずしたなぁ…と思いながら、
返却の手続きを済ませる。

本屋をのぞいて、店を出ると、
さっきまでの雪がうそのようにあがっている。

雪上がりの星空は、綺麗なんだ。

せっかくだから少し歩こうと思い、
自転車を押して南へ下る。

すると、空にすぅっと一筋。

流星?こんな時期に?
半信半疑で空を見上げていると、
さらに大きな流星が、これでもかというくらい、ゆーーっくり、
長いしっぽを見せびらかすように、流れた。

トロいわたしでも願いごとができるくらい、充分スロウに。

すごい…今日のはLサイズ。
そのうえサービス精神旺盛や。

圧倒されて、愉快だった。

すっごい良いことがありそう、とかではなく、
自分を信じてもいいような気もち。信じてがんばろうという気もち。
そういう気もちにさせてもらった。

丸太町まで戻って来たところで、また雲が空を覆いはじめ、
大ぶりの雪が舞い降りてきた。

Lサイズの流星を見せるために、ほんの一瞬雪がやんだような、
天国にいる誰かさんのはからいを感じさせる、そんな夜やった。