BLOG

なにくわぬ顔

この日一日、ひとつも明るくならなかったこと、
悪びれる様子もなく、なにくわぬ顔でいつもどおり日が暮れたこと。
口惜しい。

明るくなるのをずっと待っていたのに。